粗大ごみの処分方法を比較!メリット・デメリットは?


自治体の粗大ごみ回収を利用する

多くの自治体では、粗大ごみを捨てる際には自治体に予約をとり、回収日に決められた場所に粗大ごみ回収シールを貼って出します。また、自治体の中にはごみ処理施設への直接持ち込みを受け付けているところもあります。自治体の粗大ごみ回収は、数百円から2000円程度で回収してくれるので費用が安く済みます。

一方、自分で回収場所やごみ処理施設まで粗大ごみを運び出さなければなりません。また、パソコンやテレビなど、家電リサイクル法で定められたものは、自治体の粗大ごみ回収では受け付けていません。さらに、一度に回収できる粗大ごみの数を決めている自治体も多いです。

リサイクルショップに売る

まだ使えるものであれば、リサイクルショップに売ることができます。中には金額がついて思わぬお小遣いを得られる場合もあります。ただし、出張買い取りを利用したけれども値段がつかなかった場合、出張費用をとられるケースもあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では家電リサイクル法の対象となっている家電製品も引き取ってくれます。各家庭まで引き取りに来てくれるので、自分で運搬することはありません。一人暮らしの方や高齢の方が利用しやすいですし、点数が多くてもまとめて引き取ってくれます。

デメリットは自治体に回収してもらうより費用がかかることです。また、中には悪徳業者もいます。この点については、依頼する前にインターネットなどで近くの不用品回収業者を調べ、費用の目安や利用した方の口コミを確認しておくとよいでしょう。

不用品回収の新宿区内の業者は、こちらのニーズに応えてくれるので評判が良い業者がほとんどです。ちなみに料金は他の区よりも高い業者が多いです。

イライラは残しちゃダメ!手軽にできるストレス解消法 Previous post イライラは残しちゃダメ!手軽にできるストレス解消法
不用品回収の便利なサービス!遺品整理やゴミ屋敷の片付けも Next post 不用品回収の便利なサービス!遺品整理やゴミ屋敷の片付けも